Found

あのファイルどこに? そんなときにも便利! GmailやGoogl Driveなどクラウド上も素早く検索するアプリ

Found(ファウンド)は「作成したファイルがどこに行ってしまったかわからなくなった」というときに、Found上の画面でキーワードを入力すれば検索が簡単にできるMac用のアプリです。 完全な説明を見ます

賛成票

  • PC内だけでなくクラウド上のファイルも検索可能
  • クイック表示されるので、アプリを開く必要はない

反対票

  • 予測して検索はしないので、ファイル名を覚えておかなければいけない

とても良い
8

Found(ファウンド)は「作成したファイルがどこに行ってしまったかわからなくなった」というときに、Found上の画面でキーワードを入力すれば検索が簡単にできるMac用のアプリです。

Foundをインストールすると、画面上部のツールバーにFoundのアイコンが表示されます。アイコンをクリックすると、検索画面が開きますので、探しているファイル名を入力して検索します。初期設定の状態では、PC 内のファイルを検索するのみですが、さらに便利に使うには、検索画面左下にあるクラウドのアイコン(雲のアイコン)もしくは右下にある設定アイコンをクリックして設定します。Gmailを持っている人はアカウントとパスワードを入力すると、Gmail、GoogleDrive、Dropboxなどからも検索が可能になります。

Foundで探せばいちいちメールやフォルダーを開く手間はなくなり、必要なメールやファイルを速やかに探し出すことができます。Gmail、GoogleDriveなどに分けて時系列で表示されるので、「どれが最新のファイルか」といったことで頭を悩ます必要もありません。また、検索結果についてもたとえばエクセルやメールを検索していたとしても、アプリそのものが起動してしまうことはなく、検索したものの結果だけがクイック表示されます。そのため、作業を中断する必要や動作が重くなってしまうといったこともありません。もし検索した結果についてアプリを起動させて使いたいというときは、検索結果で表示されたものをダブルクリックするとみることができます。

Foundがあれば、どんなに整理が苦手な人でも簡単にファイルを見つけ出せるので、とても便利です。ただしキーワードの予測検索などはしないので、ファイル名の一部だけでも正確に覚えておかなくてはなりません。日ごろからファイル整理をすることも大切ですので、その時にはBackupList+を使ってみてはいかがでしょうか。

FoundはPCやクラウド上のファイルを簡単に検索、表示するMacのアプリです。